珈琲夢職人公式ホームページ
自家焙煎珈琲豆屋珈琲夢職人  
ストレートコーヒーメニューE-mail:[email protected]
マンデリン
Pollung Alfiner

シティーロースト

インドネシア国旗 産地:インドネシア 北スマトラ州リントン ドロックサングール ポルン地区


北スマトラ州トバ湖南西に位置するポルン地区。標高1400〜1500m、黒色火山性土壌で、甘いコク、シルキーな口当たり、独特の香味を持つスペシャルマンデリンが作り出されます。
ポルン地区では、アルフィナー氏が周辺の生産者を一軒一軒まわり、良質なパーチメントを厳選し買い付け、他のエリアのマンデリンとは混ざることはありません。現在は地域全体の品質底上げを狙って、糖度の高いチェリーから苗木を作り、約50軒の農家に配るプロジェクトに取り組んでいます。

焙煎: シティーロースト

軽い苦味とマンデリン独特の味わい

100g 616円(税込)

購入数 g
挽く

マンデリン
Pollung Alfiner

フレンチロースト

代表者:アルフィナー・ルンバンガオル
生産者:約250人からなる小農家
エリア:インドネシア 北スマトラ州リントン ドロックサングール ポルン地区
プロセス:スマトラ式
乾燥:サンドライ
品種:アテン・ティムティム
標高:1,400〜1,500m

生産者のアルフィナー氏はリントンではあまり使われないシェードツリーにラムトログン(マメ科の植物)を植え、現在では地域全体の品質底上げを狙って、糖度の高いチェリーから苗木を作り約50軒の農家に配るプロジェクトを始めた。ブルボンやティピカに限定し新たに植え始めた農家もあり、成功すれば周りの農家も協力してくれると期待を寄せている。

焙煎: フレンチロースト

独特の上質な苦味とコクがあります。

100g 648円(税込)

購入数 g
挽く

ケニア
KARINDUNDU
産地:ニエリ地方マシラ地区コンユ村
精製所:カリンドゥンドゥ
生産者:バリチュラ生産組合
標高:1,750m
品種:SL28、SL34
プロセス:フリーウォッシュド

カリンドゥンドゥコーヒーファクトリーはケニア山山麓のニエリ地区にあり、栽培エリアの標高は高く、人の手により一つ一つ丁寧に収穫された完熟のコーヒーチェリーをこの工場でパルピング、水洗処理、アフリカンベッドで天日乾燥します。
520人の農家から構成されたメンバーは、農業研修や施肥支援、学費援助などを積極的に行い、品質を保つために栽培エリアでは間作を行いません。

焙煎: ハイロースト

しっかりしたコクとプラムを思わせるフルーティーな香味があります。。

100g 724円(税込)

購入数 g
挽く

 
 
コスタリカ Tres Milagros
トレス ミラグロス

産地:カルタゴ
農園名:トレス・ミラグロス
生産者:ネルシン・エルナンデス
標高:1,650m
品種:ヴィジャサルチ
プロセス:レッドハニー

農園主ネルシン・エルナンデスは2010年にホンジュラスからコスタリカに移り、現在の農園経営を始めました。
2013年には、コロンビアのカミーロ・メリサルデ氏と出会い、トレス・ミラグロス農園の新しい挑戦が始まりました。各国の生産者と共に素晴らしいコーヒーを生産するために、ブラジルやメキシコなど多くの土地を訪れ、新種や生産処理の研究を重ねました。
ヴィジャサルチ種は1920年ごろにウエストバレーのサルチ村で発見されたブルボン種の変異種です。
焙煎: ハイロースト

柔らかくまろやかな酸味と甘味が口の中に広がる。

100g 594円(税込)

購入数 g
挽く

エチオピア
モカ
Yirgacheffe
KONGA G1

国名:エチオピア
産地:イルガチョフ地区
品種:エチオピア原種
農園名:地域の小規模生産農家
プロセス:ウォッシュド
生産者:YCFCU(イルガチョフコーヒー生産者組合連合国)エチオピア

この地域での生産は1950年からとコーヒーの生産文化からすると比較的新しい。近年スペシャルティコーヒーとして世界的な注目を集めているイルガチョフは豊かな火山灰性土壌、高い標高がもたらす昼夜の激しい寒暖の差がコーヒーの栽培に適している。そうした優位な環境においても、より素晴らしいコーヒーを生産するべく向上心をもって生産に取り組んでいるのがコンガ農協です。

焙煎: ミディアムロースト

フルーティーな酸味はエチオピアモカにしかない独特なもので、国内のほかの産地と比べても芳醇な味わいがある。

100g 648円(税込)

購入数 g
挽く

グァテマラ
Finca Villaure
LOS OLIVOS
農園名:ヴィジャウレ農園
農園主:アウレリオ・ヴィジャトロ
産地:オハ・ブランカ・ウエウエテナンゴ
プロセス:フリーウォッシュド
品種:カトゥーラ
標高:1,400〜1,600m

ヴィジャウレ農園はグァテマラ北西部、メキシコとの国境に近いHuehuetenango Hoja Blanca地区に位置します。
農園主のAurelio Villatoro氏はその日に収穫されたチェリーを少量ずつ小さなパルパーにかけ、丁寧に果肉を除去し、パーチメントに仕上げ、乾燥させる前にもう一度「レモホ」と呼ばれるプールに24時間浸すことで豆全体の水分バランスが整い、丸みを帯びた味を生み出します。
COE2002年で17位に入賞、illyCafeのコンテストでは2002年優勝、2003年は2位を受賞と言う、輝かしい業績があります。

焙煎: シティーロースト

上質でまろやかな苦味、中米独特の芳醇な香味がある。

100g 594円(税込)

購入数 g
挽く

 
 
キリマンジャロ
Mondul
モンデゥール
産地:タンザニア
エリア:アルーシャ近郊
農園名:モンデゥール農園
生産者:ハンター・フリント
プロセス:ウォッシュド
品種:N39,KP423
標高:1,700m

本物のキリマンジャロコーヒーのすばらしさ、おいしさを実感できるモンデゥールコーヒー。
農園の創業者の遺志から長年「特別なコーヒーを飲みたい人へ」のマインドは伝承されトロピカルフルーツを思わせる芳醇な風味をもたらせます。
タンザニアコーヒーコンクールで金賞に輝いたことがあり、柔らかい香味を持ち、優れた酸味とコクがあります。

焙煎: ハイロースト

一般的にキリマンジャロは酸味が強くて飲みにくいという勘違いをしている方が多いのですが、それは生豆が悪いのか、焙煎が悪いのかで、しっかり焙煎したキリマンジャロは豊かなコクと上品な酸味があり、好みを選ばない上品なコーヒーです。

100g 616円(税込)

購入数 g
挽く

ブラジル
Sitio da Torre
シティオダトーレ

農園名:シティオダトーレ
農園主:アルバロアントニオペレイラコリ
産地:カルモデミナス
プロセス:パルブド・ナチュラル
品種:イエローブルボン
標高:1,270m


農園はカルモデミナス地方マンティクエイラ地区にあり、パルプドナチュラルは2003年に生産を開始、乾燥は伝統的なパティオでパーチメントを日に何度も撹拌します。
栽培区画ごとにロットをすべてナンバリングし、トレサビリティを入手することができます

焙煎: ミディアムロースト

ブルボンらしいしっかりしたボディーがあり、パルプドナチュラルでの甘味がしっかり感じられます。

100g 594円(税込)

購入数 g
挽く

メキシコ
JAS Organic
Decafe

メキシコ 生産者:Product Conservacion El Triunfo(79農園)
生産エリア:チアパス州
生産面積:428.5ha
デカフェプロセス:マウンテンウォーター製法
カフェイン除去率:99.9%
認証:有機JAS
メキシコ豆

マウンテンウォーター製法は、科学的な溶媒を一切使用せず、安全にカフェイン除去を行うシステムです。メキシコチアパス州の79農園が生産したコーヒーを綺麗な液質、長い余韻がそのまま感じることができる今までにない、有機JASでカフェインレスコーヒーに仕上げました。
カフェインの除去方法
生豆を水に浸してカフェンを含むコーヒーの全成分を抽出した後、その液体からカフェインだけを除去し、そこに再び生豆を浸しカフェイン以外の成分を戻す。

焙煎: ハイロースト

デカフェなので、カフェインが苦手な方や妊娠中の方など、どなたでも好みを選ばず飲むことができます。

100g 594円(税込)

購入数 g
挽く

 
 
コロンビア
El Porvenir
エル・ポルヴェニール

フルシティーロースト

コロンビア 産地:ウィラ県 ピラリート

コロンビア豆
コロンビア南部で最も重要な産地ウィラ。マグダレナ川が流れる山脈地帯に挟まれた谷合に位置し、南西地方の高い標高で育まれたコーヒーは、その品質の高さが有名です。
ウィラ地方の中でも日照、土壌、気候は千差万別で、そこで生まれたコーヒーは多様性に満ちています。
収穫は完熟チェリーを手摘み、即日処理、伝統的な水洗処理を守ることにより、品質が維持できます。
焙煎:

フルシティーロースト

カスティージョの柔らかい苦みです。
コロンビアは少し深めに焙煎すると、飲みやすい苦みになります。
季節のブレンドなど、いろいろな方に飲んでいただきたいブレンドのベースとしてよく使います。

100g 594円(税込)

購入数 g
挽く

コロンビア
El Porvenir
エル・ポルヴェニール

ハイロースト

コロンビア 産地:ウィラ県 ピラリート
コロンビア豆

農園名:エル・ポルヴェニール農園
生産者:ルイス アルフレッド ヤグエ
プロセス:フリーウォッシュド
品種:カスティージョ
標高:1,650m

左の欄のコロンビアフルシティーローストと同じ豆です。コロンビアは味の幅が広く、苦みも酸味も良いところがあるため、焙煎を2通りしています。
ブラジルと対極にあるウォッシュドコーヒーの総本山ともいえるコロンビア。長らくコロンビアマイルドと言われてきたコーヒーは広域なカテゴリー物が多い。

焙煎: ハイロースト

少し酸味を感じる。
コロンビア本来の味を感じるには、この焙煎度合いの方がおすすめ。

100g 584円(税込)

購入数 g
挽く

ペルー Montana Veronica
モンターニャベロニカ

産地:ペルー クスコ州ジャバンバ
生産者:COCLAコクラ:コーヒー生産者協同組合
標高:1,500m〜1,800m


アメリカ有機農産物改良協会OCIA認定、フェアトレードコーヒーです。豊かな香りとコクのある柔らかい甘味が特徴です。
ペルーはコーヒーの世界では脇役と私は感じています。しかし、ブレンドにとって主役同士ではぶつかってしまうところを脇役がいい仕事をして味を出すことがあります。

焙煎: シティーロースト

特に特徴という感じはないのですが、穏やかな苦味は、どなたでも飲みやすいコーヒーです。

100g 540円(税込)

購入数 g
挽く

 
 
La
index
ブレンドコーヒーへcoffee
ギフトセット
このページの最初へ戻る